;0978-33-3733

!月・火・木・金 8:30~12:30、14:00~18:00
 水・土 8:30~12:30

x大分県宇佐市辛島298-2


内科全般

消化器内科

肝臓内科

健診・予防注射・自費診療

ページ内メニュー

診療時間について

時 間
8:30~12:30
14:00~18:00

※休診日:水・土曜午後、日曜・祝日
※受付は終了30分前までにお願いします

facebook

当院は設計段階から感染対策に取り組んでいます

  • スタッフ全員のマスク着用
  • 患者様全員のマスク着用のお願い
  • 患者様受付時の手指のアルコール消毒
  • 定期的な室内の換気
  • 受付での体温測定
  • ドア、机、椅子、などの定期的なアルコール消毒
  • 診察ごとの手指消毒、聴診器の消毒
  • 空気清浄機の設置
  • 37.5度以上の発熱のある方は、事前にお電話下さい。
  • 正面玄関と別の入り口と個室があります。 (発熱患者様・感染が疑われる方を空間的に分けて診察することが可能です。病状により異なります)
  • できるだけ使い捨ての単回使用の医療材料を揃えております。
  • 空気循環式紫外線清浄機とハイクロソフト水(微酸性次亜塩素酸水)生成器を院内に導入・設置しております。

※ハイクロソフト水は、強酸化水の5倍の殺菌効果、次亜塩素酸ナトリウムの50倍の殺菌効果があり、幅広い細菌やウイルスに対応します。肌や目にも安心です。

 

入口消毒
空気循環式紫外線清浄機
ハイクロソフト水(微酸性次亜塩素酸水)生成器

内視鏡での感染対策

皆様の安全を第一に、日本消化器内視鏡学会の提言の下、診療を行っております。 上記の感染対策に加えて、内視鏡検査を行う方は来院時に発熱・感染に関して問診がありますのでご協力ください。場合によっては内視鏡検査を延期させていただくことがございます。

  • 大腸カメラ検査前の処置室(下剤を内服して待機する部屋)は個室をご利用ください。トイレも完備しております。
  • スタンダードプリコーションの徹底 スタンダードプリコーションとは、感染症の有無にかかわらず全ての患者様を対象に「血液、体液、分泌物、嘔吐物、排泄物、創傷皮膚、粘膜など」を感染の可能性のある物としてみなし、対応する予防策のことです。手袋、ガウン、マスク・ゴーグル・フェイスシールドなどを使用します。
  • 内視鏡器具の消毒について 使用後の内視鏡(カメラ・スコープ)は速やかに洗浄・消毒を行います。当院では内視鏡室(実際に患者様が内視鏡検査を行う部屋)と内視鏡の洗浄室をドアで完全に分けているのが特徴です。またドアの付いた内視鏡格納庫を備えており、外気と触れないようにするなど内視鏡に関する感染対策にも力を入れております。

 

内視鏡専用洗浄室
専用個室

受診される患者様へ

どうか当院での感染対策にご理解頂き、手指消毒・検温、院内でのマスク着用、問診にご協力をお願いいたします。

◆発熱・かぜ症状の患者様へ


《 院内トリアージについて 》
当院は、感染対策実施医療機関であり、診療・検査医療機関です。
当院では、新型コロナウイルス対策として、院内トリアージを実施しております。
「トリアージ」とは、医療用語では特定の基準に従い、優先順位を決めることという意味です。

新型コロナウイルス感染の症状は、感冒・咽頭炎・気管支炎・インフルエンザ・微熱を伴う胃腸炎症状・その他感染症・熱中症等の様々な病気の症状と区別する事が非常に難しい状況です。
かぜ症状の方(発熱、咳嗽、鼻汁、咽頭痛、下痢、腹痛など)は、車内待機や別室での診察など、感染予防対策の徹底および可能な限りの動線分離を行っております。
2021年10月に厚生労働省の通達により「新型コロナウイルス感染症の診療等に係る特例的な評価の拡充について」に基づき、 新型コロナウイルス感染症の診療・検査となった場合、院内トリアージ実施料 550点 (3割負担で1650円) を別途診療報酬として算定させていただますので、ご了承ください。

《 新型コロナウイルス感染症 抗原検査の公費負担について 》
当院では2021年10月より、かぜ症状があり、医師より新型コロナウイルス感染症の抗原検査が必要と判断された方については、 検査料については、公費となり行政負担となりました。
(ただし診察料や他の検査・処方については通常の保険診療であり、自己負担は発生します)
症状がない方の自費検査については、当院では実施しておりません。

重ねて、皆様のご協力とご理解をお願い申し上げます。 ご不明な点はいつでもクリニックまでお問い合わせください。

facebook